ビフィズス菌とは

ビフィズス菌

ビフィズス菌ってよく耳にする言葉だと思います。このビフィズス菌はヨーグルトにも多く配合されているもので、腸内細菌の中でも特に有名なものだと思います。乳酸菌の一種として非常に多くの方がすすんで摂っているものだと思います。

 

腸内の善玉菌の殆どはこのビフィズス菌です。そのため、腸内環境について考えているのであればビフィズス菌を少しでも増やすことができるように考えておきましょう。

 

ビフィズス菌の特徴は殺菌力の非常に強い酢酸を作り出すことができる、ということです。腸内悪玉菌というのは腸内がアルカリ性である状態の方がより多く繁殖することができます。

 

しかし、酸性になると繁殖を上手く行うことができなくなってしまいます。そのため、ビフィズス菌が酢酸を出すことで腸内が酸性になり悪玉菌の繁殖を効果的に抑えることができるのです。

 

これは腸内環境を改善するためには最も重要なことなんですよ。ただし、ビフィズス菌というのは胃酸に非常に弱いという一面もあります。

 

そのため、ヨーグルトなどから摂取する場合にはどうしてもヨーグルトに含まれているビフィズス菌の大半が死滅してしまいます。もちろん全滅するわけではありませんので、毎日しっかりとヨーグルトを一定量食べることが重要になるのです。

 

ビフィズス菌を増やす方法

ビフィズス菌とは関連ページ

ビフィズス菌と美容
ビフィズス菌がもつ美容効果について解説します。ビフィズス菌は腸内環境を改善することで美容にもよい影響を与えることで知られています。
腸内環境改善
ビフィズス菌にはさまざまな効果があります。その中で代表的なものに腸内環境を改善する効果があります。
ビフィズス菌 減少
ビフィズス菌が腸内から減少するとさまざまなトラブルを引き起こします。
ビフィズス菌と胃酸について
ビフィズス菌は胃酸に弱く摂取したとしても大半が死んでしまいます。