ビフィズス菌と胃酸について

ビフィズス菌と胃酸について

ビフィズス菌が生きたまま腸まで届く!という宣伝を良く耳にしますよね。

 

これは、ビフィズス菌は生きたままの状態で腸に届けることで効果をしっかりと発揮することができる、ということなのです。ビフィズス菌というのは菌ですので死んでしまった状態で体の中に入っていても上手く働くことはできません。

 

もちろん、身体を健康的な状態に維持することも到底不可能です。このビフィズス菌は、実は口から摂取してしまうとその大半が死んでしまいます。

 

というのも、人間の胃には胃酸が大量にあるからです。この胃酸というのはビフィズス菌などの菌類を強力な酸によって死滅させてしまいます。

 

ビフィズス菌を大量に摂取したとしても胃酸によってその大半は死滅してしまうのです。そこで、近年になって生きたまま届く乳酸菌というのが注目されているのです。

 

つまり、胃酸に強いビフィズス菌が発見されたのです。この胃酸に負けないビフィズス菌を摂取することによって生きたままの状態で腸まで届くのです。

 

ビフィズス菌も非常に重要なものではありますが、だからといって胃酸を無くすことは不可能です。それでは私達は生活していくことができませんからね。

 

やはりせっかくビフィズス菌を摂取するのであれば生きたまま腸まで届く乳酸菌を摂るようにするのが最も効果的でしょう。

 

ビフィズス菌を増やす方法

ビフィズス菌と胃酸について関連ページ

ビフィズス菌とは
ビフィズス菌とは腸内細菌の一種で乳酸と酢酸を生成します。酢酸を生成する点で乳酸菌と区別されます。
ビフィズス菌と美容
ビフィズス菌がもつ美容効果について解説します。ビフィズス菌は腸内環境を改善することで美容にもよい影響を与えることで知られています。
腸内環境改善
ビフィズス菌にはさまざまな効果があります。その中で代表的なものに腸内環境を改善する効果があります。
ビフィズス菌 減少
ビフィズス菌が腸内から減少するとさまざまなトラブルを引き起こします。